アクチビア軟膏の成分と効果

アクチビア軟膏は口唇ヘルペスに対して、抗ウィルス成分であるアシクロビルを有効成分とする治療薬です。ヘルペスは過去の発生箇所と同一部位に発症することが多いのが特徴で、口唇ヘルペス専用の治療薬として使用されています。
アクチビア軟膏の主成分であるアシクロビルは、ヘルペスウィルスには毒性を発揮する一方で、人体の正常な細胞には毒性を示さないため安全性も高いのが特徴です。
アシクロビルがウィルスのみ増殖を抑制するのは、ウィルスが細胞増殖する際には不可欠なDNAの複製過程に介入することが関係しています。
ウィルスは増殖を行おうとするとき、個々の細胞の核酸構成成分が必要ですが、アシクロビルはこの核酸構成成分に類似した構造を持っています。
そこでウィルスが間違ってアシクロビルを取り込んでしまい、細胞内でリン酸化と言う現象が起きると、DNAを複製できなくなり、ウィルスの増殖のみが抑制されます。
このメカニズムを利用してウィルスの増殖抑制効果を発揮したのがアシクロビルであって、口唇周囲のヘルペスウィルスに効果を発揮するように調整されたのがアシクロビルを有効成分としたアクチビア軟膏です。

口唇ヘルペスは痛みを伴った水ぶくれや赤みが現れるのが特徴ですが、重症化すると皮膚の発疹や痛みの程度が重くなる傾向があります。そこで口唇ヘルペスを軽症のうちに抑えるためには、兆候が現れた頃からアクチビア軟膏の使用を開始するのが効果的です。
ピリピリあるいはチクチクする軽い痛みを唇周りに感じはじめたら、口唇ヘルペスと考えてアクチビア軟膏を塗布することで、ウィルスの増殖が抑制され、軽い程度で乗り切ることが出来ます。
但しアクチビア軟膏を使えるのは、過去に医師から口唇ヘルペスの診断をうけている患者さんだけです。医師の診断も受けずに初めての口唇ヘルペスに対して、自己判断で使用することは出来ません。特に類似した病気には蕁麻疹などもあるので注意が必要です。

アクチビア軟膏の使用方法

アクチビアは、初発した口唇ヘルペスに使用すると悪化する可能性があるので、初めての口唇ヘルペスに感染してしまった場合は医師の診察を受けることが必要です。
アクチビア軟膏は薬局でも入手できますが、過去に口唇ヘルペスの治療を受けている場合に適用が限定されているので、購入に際しては薬剤師に相談を忘れないようにしてください。
アクチビアの使用方法についてですが、1日に3-5回程度患部に塗布します。口唇部位及びその周辺に塗布することを前提に成分配合がされているので、その他の部位の皮膚や粘膜に使用することは出来ません。
またご自身が既往暦があるからといって、家族が口唇ヘルペスと同じ症状が出たという場合でも、勝手に判断して使用するのはやめましょう。別の病気が原因の可能性があるので、過去に医師による口唇ヘルペスの診療経験がない以上は使用できません。

ところでヘルペスウィルスは体内から完全排除することは出来ず、疲労蓄積や抵抗力の低下によって発症する傾向が強く見られます。そのため、日常的に使用する方法も想定されます。
しかしアクチビア軟膏は口唇ヘルペスウィルスに作用して増殖を抑制するため、何も無いうちから予防的に使用することは意味が無いと考えられています。
それではどの程度の期間、塗布するのが適当なのでしょうか。この点効果の目安として10日程度の期間を目安にするのが適切です。但し5日程度使用を継続しても改善が見られない場合には医師の診断を受けるのが適当です。
患部が乾燥してかさぶたが出来ていれば、塗布を中止して様子を見て構いません。逆に湿潤してジュクジュクしているようであれば、ウィルスが多数存在しています。
なおアクチビア軟膏は重症の場合は適応にならないので、水ぶくれが大きい、患部が広い場合には医師の診療が必要になります。
このようにアクチビア軟膏はやや特殊な薬であるため、薬局での購入に際しては、薬剤師から使用方法や注意点の説明を十分に受けて、慎重に使用するのが妥当です。