エイズ検査は匿名で受けることが出来る

エイズ(後天性免疫不全症候群)は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって引き起こされる疾患です。HIV感染症は、性感染症の一つで、男女間、もしくは同性間の性行為によって感染します。
HIVウイルスは、血液感染なので、注射器の使いまわしや輸血でも感染する可能性がある病気です。
感染確率は、1%以下という統計データもあるのですが、100回セックスしたら、100回目で感染するというものでなく、1回のセックスで感染する場合もあるので、確率はあまりあてにならないです。
HIVに感染後、どれくらいの期間でエイズを発症するのか、個人差があるので一概に言えないですが、過去の統計データから5年から10年となっています。

エイズは、発症させないことが重要なので、エイズの前段階であるHIV感染をいかに早く見つけるかが重要になってきます。急に体の調子が悪くなったといった症状がある場合や、最近、セックスした等思い当たる事があるような場合は、一度HIV検査を受けることをお勧めします。
HIVの初期症状としては、高熱が1週間以上続くといった症状や、リンパの腫れ、喉の痛み等何らかの体の不調が出る場合があります。エイズは、現代医学では不治の病でなく、早い段階で発見できれば、症状を抑える事ができ、ほぼ寿命を全うできる病気なので、先に書いたような症状がある場合には、早めに検査を受けることをお勧めします。

HIV検査は、各都道府県の保健所で匿名で無料で受けることができます。他の性病検査も併せて受けることができるのでお勧めです。検査日は、各保健所ごとで異なっているので、ホームページ等で確認することをお勧めします。
まず、検査の予約をします。予約も匿名なので、名前を名乗る必要はないです。検査について簡単な説明の後、採血するだけなので検査自体は、数分で終ります。匿名検査なので、検査結果は、渡された受付番号での照会となります。
検査結果が出るまで1週間かかるので、1週間後、再び保健所に行って結果を聞きます。結果が陰性であれば、感染しておらず、陽性であれば、感染しているということになります。

海外の女性と遊んだ後は必ず性病検査をしよう

海外というのは、気持ちも緩んでしまうもので、ついつい初対面の女性とセックスを楽しんでしまった方、一度、HIV検査を受けることをお勧めします。HIVの感染率は、東南アジアやアフリカ等、海外の方が、格段に高いです。
海外の女性は、HIVだけでなく、淋病やクラミジアといった性病に感染している確率も高いので、そういった性病検査も併せてすることをお勧めします。

日本よりも海外の方が、なぜ、HIVや性病に感染している女性が多いかといいますと、一つは、コンドームを使わないでセックスする女性が多いからです。また、日本と違い、セックスワーカーの性病検査が義務づけられていないことも原因の一つと言えます。
HIVや淋病等の性病は、基本的には、コンドームを最初から最後まで着用していれば、感染する確率は限りなく0に近いです。
海外のセックスワーカーの女性は、こういったコンドームの効果や使い方、正しい性病の知識について欠如している為、コンドーム無しでセックスしています。
1人のセックスワーカーの女性が、仮に1日5人とセックスしたとして、1年で、1825人とセックスすることになります。その中の、100人目のお客が、HIVに感染していて、自身も感染したとすると、その後の、1725人の人も感染した可能性があります。
また、男性側も、複数のセックスワーカーとセックスすることも考えられ、感染者は、ネズミ算式に増えてゆきます。こういった背景が、色濃い海外でセックスをした場合は、早めにHIV検査を受けることをお勧めします。

検査を受ける際には、セックスした日から3ヶ月以上たっているか、自身で確認してから検査を受けないと正確な検査結果を得ることができないので注意が必要です。